2011年05月28日

【経め】第001話 GDPの増えかた

No_001.png

【解説】
マクロ経済学の本を見ると、大抵はじめに出てくるGDP(国内総生産)のお話です。

GDPは「一定期間内に国内で産み出された財・サービスの付加価値の総額」と定義されています。必ず押さえておかなければならないところです。

ポイントは財・サービスの付加価値とは何ぞや?ですね。
ざっくり説明しますと
(1) 誰かが頑張って「モノ」を作ったり、「サービス」を提供する
(2) 誰かがその「モノ」や「サービス」に対しお金(対価)を支払う

の両方がなされたときに発生するものが「付加価値」です。
ですので、働かないのにお金をもらったり(おこづかい等)、もしくはタダ働きをすることはGDPの定義する付加価値にはなりません。


さて、今回のお話の場合
◎1コマ目
こみぽちゃんの1ヶ月のアルバイト(サービス)に対し、雇い主がアルバイト代(対価)を支払っているので、付加価値が発生(GDPが増加)
◎4コマ目
こみぽちゃんが買い物(モノ)でお金(対価)を支払っているので、付加価値が発生(GDPが増加)

ということになります。

ちなみに、2コマ目のこみぽちゃんの思い通り貯金していた場合、4コマ目の付加価値は発生しません。
実はこれを国全体レベルの規模で考えると、日本のGDPが伸びない理由が見えてきます。その話はまたいつか。
【関連する記事】
posted by わっきー at 10:19| Comment(0) | マクロ経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。